« 困難を乗り越えて | トップページ | 最小どころか最大不幸社会に・・・ »

2011年4月25日 (月)

希望の光を遮るものは

自分の目を、耳を、疑うような凄まじい震災から1ヶ月半が過ぎました。被災された人も、救助をはじめ、様々な支援する人も、原発事故の最前線で働く人も、みんな困難を乗り越えようと必死にがんばっている。そして、日本全国のみならず世界中から物資両面の支援・応援メッセージが寄せられている。しかし、これらの懸命の努力や希望の光すら、現政権が粉々に打ち砕いていく・・・。国民の命や国益を守ることができない(その能力が無い)政治家は、能力のあるものに権限を渡してもらいたい。

日本の未来のために!
Bsk60
今は困難の中でも、いつかまた希望を持てる日が来ることを祈って。自分もガンバル!

|

« 困難を乗り越えて | トップページ | 最小どころか最大不幸社会に・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200061/51487597

この記事へのトラックバック一覧です: 希望の光を遮るものは:

« 困難を乗り越えて | トップページ | 最小どころか最大不幸社会に・・・ »