« ホンダS500を描いてみる その2 | トップページ | 青空に映える桜をスケッチ »

2010年4月 2日 (金)

未来へつなぐ推進力の破壊

Bsk55
希望の光りを蔽いつくす、絶望と憎悪の火煙
(暗い題材のイラストですが、色の配置と塗り方を右肩上がりで試行錯誤)

政権が代わって半年が虚しく過ぎて往き、このデフレ不況のどん底から這い上がろうと必死の努力を続ける者達を無視しするかのように、有効な雇用改善・景気対策を練るよりも財源無きチグハグなバラマキ政策を突き進める鳩山政権。この政権には、過去の政権への全否定と憎悪、政権維持の為の政策の強行するだけで、日本を押し上げていく具体策がまったく見えてこない。都合が悪くなると『自民党が悪い』『まだ半年』、そんな言い訳が聞きたいのではなく、これからの具体策を聞き、それを国会でメディアで議論しより良い法案を練り上げていく政治を望んでいるのに。(ただ現状の国会・堕落した大手メディアには期待できない・・・)

高度経済成長の裏側で自民党中心の政権で日本を緩やかに破壊し、今度の民主党中心の政権では急速に日本を破壊し、日本の経済が良き日本人の心・文化が焦土と化すのでは?と私は恐れています。

さぁ、頼りに出来ない政治を当てにせず、コツコツと自己研鑚の努力を燃え尽きるまで、ぶっ倒れるまで続けていきますか。しかし、どん底から這い上がるのは厳しい・・・。

|

« ホンダS500を描いてみる その2 | トップページ | 青空に映える桜をスケッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200061/47973565

この記事へのトラックバック一覧です: 未来へつなぐ推進力の破壊:

« ホンダS500を描いてみる その2 | トップページ | 青空に映える桜をスケッチ »