« なにわ自転車道から新大吹橋をみる | トップページ | 三国橋付近の風景スケッチ »

2008年9月 6日 (土)

新三国橋付近の風景スケッチ

Bsk31a
神崎川からの風をせき止めるかの様にそびえるマンション

Bsk31b
遊歩道沿いの広場には、もう少し花やベンチを整備すれば、もっと街がにぎやかになるのに

今回も大阪北部を流れる神崎川の遊歩道からのスケッチで、新三国橋と神州橋の中間地点から新三国橋方面をみた街の風景スケッチです。川を挟んで左側が庶民的な街の庄内、右側には新大阪。この新三国橋(昭和7年3月竣工)は、なんとも見た目的に存在感がうすいです。ここの風景を見て、やはりマンションは低層から中層ぐらいが、景観や周辺環境には良さそうだなと改めて思った。高層にするのならタワー型にしないと圧迫感がキツイ。(しかし収益最優先で考えると・・・)

建築基準法改正の失態・マンション投資バブル崩壊・原油高・資材高騰による景気後退で、今後数年は新たな大規模開発STOPで暫く景観を破壊する建物は建たなくなるかな。

スケッチポイント
阪急宝塚線 三国駅から約徒歩10分・阪急神戸線 神崎川駅から約徒歩10分

|

« なにわ自転車道から新大吹橋をみる | トップページ | 三国橋付近の風景スケッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200061/42399111

この記事へのトラックバック一覧です: 新三国橋付近の風景スケッチ:

« なにわ自転車道から新大吹橋をみる | トップページ | 三国橋付近の風景スケッチ »