« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

やっと日本にサッカーシーズン到来

オリンピック日本代表とりあえず香港に勝ったけど、決定的チャンスにビシッと決めとかんとなぁ。平山は去年よりマシになったけど、まだまだモッサリしすぎやし、つなぎのパスでミス多すぎやし・・・このままやと予選突破あぶないかも。
家長と水野の存在が無かったら、面白味の無いチームやなぁ~。平日とはいえ観客席ガラガラはさみしい。

Jリーグも今週開幕ですが、選手はもちろん審判もフロントもぜ~んぶ含めてレベルアップしないと日本代表のレベルアップはありえない。このあいだのゼロックススーパーカップでの浦和をみてると、いろいろ事情があるにしても大丈夫かぁ~と思ってしまう。今年こそACLを勝ち抜いて欲しいんやけどなぁ。川崎もガンバレ。

Liftinga_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

落書きから建築へ その3

落書き人生を綴る第3弾は、専門学校の頃までの話。小学生で建築家という職業があることを知り興味を持っても、時間が経つにつれ次第に記憶から薄れていった。小中学生の頃に就きたかった職業と言えば、サッカー選手・推理小説家・漫画家・イラストレーターだったと思う。と言いつつ結果的には平凡なサラリーマンになると当時の作文に書いてた記憶の断片が・・・(普通のサラリーマンってまた抽象的な) しかし、高校生ぐらいになるとあまりにも現実的になりすぎ、この程度の力じゃ"熾烈な競争社会を生き抜いていくのは無理だ"と思い込み夢も希望も失いかけていた。そんな中、進路を決めなければならない日がジリジリと迫ってきて、このままじゃアカンと思い直して仕事・職業関連の情報を集めはじめ、その中にふと建築パースという文字を見付け"これなら絵を描くのが好きな自分に向いてるかも"と夢と希望が復活(単純なヤツ)。ここから建築パースの授業がある専門学校を選び願書を送ったのでありました。(この頃犯したミス_大学は遊びに行くところだと思っていたこと。遊びに行くために嫌いな受験勉強なんか出来るかと思っていた。)
Bsk10   

まあ、いろいろあって大阪のデザイン専門学校の建築デザイン科へ行き、建築について学び始める。この頃は授業と課題についていくのに必死でヘロヘロ状態でした。ほんとにほとんど遊ぶ暇が(お金も~)無かった。そして次第に、パースよりも設計・デザインに興味を持ち始め、実際に建築会社の設計部へ就職するのでありました。めでたしめでたし?

Bsk08_1
専門学校時代のラフスケッチ 卒業設計を何にするか迷っていた頃Bsk09  
専門学校時代のラフスケッチ 卒業設計の構想が固まってきた頃

これにて私の就職するまでの落書き人生物語はひとまず終了です。
この時期は新たな旅立ちの季節ですが、自分が学生時代に読んだ本の中から影響を受けた言葉を紹介します。(学生時代のメモ帳には、本の中から書き移した一文が結構あり)

死を恐れるものは危険を恐れ、危険を恐れるものは行動することを恐れ、行動することを恐れるものは何もせずに朽ち果てる。(著作者不明)

私のような平凡な人間は、失敗を恐れていては何も出来ないのよね~
(実際、失敗だらけ・・・ごめんなさい。 でも少しずつレベルアップ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 9日 (金)

メジロの一服

最近は冬だか春だか わからん気候ですが、3年程前の今ごろ神社で撮った写真でもどうぞ。 デジカメでかなり近づいたけど、ぜんぜん逃げんかった。Bp001_2

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
   
  
  
  
何かってに撮ってんだよ~!コラッ!おぅおぅッ!Bp002   

 

 

 

 

 

 

Bp003 Bsk07

  

  

  

  

  

  

  

 
  
ついでに落書きイラストもど~ぞ ん?どっかで見たよ~な雰囲気のイラスト・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

落書きから建築へ その2

落書き好きの少年が建築へ興味を持ち出すまでの物語の第2弾。
(そんな たいそうな ものじゃないんですけどネ~)
ライトの落水荘に衝撃を受け、次第に建築に興味を持ち出しはじめ、たまたま見たTV映像に映った丹下健三設計の代々木競技場に釘付けになってしまった。
Bsk05  

  

  

   

 
    
かっちょえ~今にも空へ飛び立ちそう

しか~し、どれも広告や映像ばかりで実物を見ての感動ではなかった。
そして実物の偉大なる建築物に出逢うチャンスがやって来た。それは小学校の社会見学で京都市内を廻った時のこと。なんの期待もせず京都国際会議場へ行き、バスを降りたその瞬間。ど~んと目に入って来たスケールの大きい造形に「なんじゃこりゃ~」です。Bsk06

  

  

  

  

  

  

 
 
神社?いや地球防衛軍の秘密基地? ちょっと図面を見てみたい!

これが、大谷幸夫設計の国立京都国際会議場(今も現役バリバリの建築物)。建物に圧倒されつつ、何でこんな形に設計したんやろう?と言いながら写真を取りまくっていたような記憶があります。

これらの建築に逢わなければ、建築家なんて職業に興味を持たなかったかも。ただ、この時は建築に興味を持っただけで、将来建築関係の道へ進むとは思っていなかった。(その3へ・・・続かないかも)

今回描いた2枚のスケッチは当初、着色するつもりでしたが下書きだけで燃料切れのため、また気が向いた時に塗ってそのうちにのっけます・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »